All Blogs

2017年10月26日 木曜日

シャンプー選び

こんにちは、かくたひです。

僕は昔からアレルギー体質で、40歳を過ぎた今でも色々な事に悩まされています。

季節に応じての肌の乾燥 湿疹

一年中通してのアレルギーによる鼻水 目のかゆみ

カラーリングの頭皮の染みやすさ、ただれ

など、数え上げたらきりがないです。

昔はアレルギー体質はしょうがないものだとおもっていましたが、歳をとるにつれて、なんでこんなにつらいんだろう?なんでアレルギーがひどくなっていくのだろう?っておもいはじめました。

年を重ね、自分を理解しはじめたときに、世の中の習慣が自分の体質にあっていなくても、それが普通だからしょうがない、っておもって生きてきた代償なんだと理解しはじめます、そして、その人それぞれにあった対処の仕方があるのだという事に気づきはじめ、あたりまえなことなんて勝手に決めるな、って気持ちになりました。

自分の体質、環境にあった、仕事、食生活、対人関係、ライフスタイル、など、流行に流されず、自分らしい居心地のよい習慣に改善する事に努力してきました(もちろん、人生忍耐も大切です)。

その甲斐あって、少しは自分らしく、最近は生きて来れたかなとおもう次第です。
しかし、今まで蓄積してきたケミカル習慣などはいきなり改善する訳がなく、ほんのすこしづつシフトして、身体の免疫力改善にむかってがんばっている次第です。

皆様も、流行のシャンプートリートメントを使っていませんか?
シャンプートリートメントに使いやすさを求めすぎてはいませんか?

必ず、効果が高いアイテムには同等に反作用(副作用)が働きます。

髪がツルツルになるトリートメントには、油分がとれたときにがさがさになります。
シャンプーがスッキリ感じる時は、頭皮の常在菌、皮脂の取りすぎがおこり、頭皮の乾燥、頭皮皮脂量の増加を産みます。

このように、メリットはデメリットと対な関係をもっています。

皆様が使っているシャンプーはなんでそれを使っているのか?

髪のケアのためなのか?
ボリュームアップのためか?
しっとりまとまるためになのか?
抜け毛予防なのか?
カラーリングやパーマの維持継続のためなのか?

色々な理由があるとおもいますが、自分の髪の性格をより知る事によって、好きなシャンプーと相性のよいシャンプーは別物と理解していただけると嬉しいです。

これからの時期は乾燥しやすいので、洗浄効果はあまり求めなくてよいかとおもいます。髪の毛も必ず乾燥します、乾燥は抜け毛の原因にもなりえます。

一人一人にあったシャンプー選びができますように。

投稿者 radice

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30