All Blogs

2017年4月14日 金曜日

紫外線とカラーリングの関係修繕!

ジャーン、こんにちは、度々かくたひです。
本日は暇チンな時間を利用してブログ更新しています。

さて、表参道の写真です、今日です、ナウです。

天気がよいです。

春はカラーの変化、希望が多い季節です。明るくしたい、柔らかな色セピア、グレー、アッシュ、ブルーミント、シアーなカラーが人気です。

そこで、一番知っておいてほしいのは、紫外線対策です。

春、そしてこれからの季節は紫外線量が多くなります。

そもそも、紫外線カバーで多くを占めるのがメラニン色素、そう、黒色が紫外線を防いでくれますね。熱や太陽光、紫外線から守る働きがあるのがメラニン色素。

ん?ってことは、、、感が良い人はお分かりのはず、、そう、カラーを明るくしたり、色味にこだわったカラーリングじゃ、髪や頭皮が傷むんじゃないだろうか???
そのとおりです、傷みます、大変です、ぱさぱさになります。やばいです。

そこで、僕が考えるカラーをしても色落ち、褪色、パサつかない、に対応したケアの説明をします。

1 ハイスペックドライヤーで艶感アップ

大人気、おすすめアイテムレプロナイザー

バイオプログラミング技術で、頭皮、老化した髪、パサパサした髪をみずみずしい美しい髪に導きます。

2サンケア配合アウトバストリートメント

紫外線対策用ですので、髪が疲れづらくありません。

3サンケアスプレー

ブロー、セット後に表面に出ている髪の毛にしっかりケア。

この3点をしっかりして、やっと効果が感じるレベルです。
それ以上にカラーの髪への負担が大きいですから。

現段階ではまだまだダメージレスカラーなど存在しません(アルカリカラー、微アルカリカラーなどを指します)。

ですので、せっかく美容室で綺麗に色味を入れたカラーをできるだけダメージ無く、ずっとつややかでいるために絶え間ない努力でずっと綺麗で素敵にいてください。

綺麗な髪の女性が多い世の中になれば男性が喜びます(僕は)。

投稿者 radice

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30